2017年10月16日月曜日

文春砲の前にね、臨時だよ。あははっ。

臨時号です

また写真を送っていただいたので。ありがたや。

今回撮ってくださったのは「みつなっしー」。正体をばらすと殺されるかもしれないので言いません。

おめえが撮れよ。という声が聞こえてきそうです。
がしかし、

そんなひまはありません。ポンコツでもそれなりに手伝ってるんだよ。


では本題へ。
先日、日向赤2017の搾りをやりました。その際の写真です。日向赤って確か今度リリースか?

どうよ、この自信に満ちた顔。いい顔してる。誰かとエライ違いだ。どうやったらこうなるんだろうね。




 タンニンもしっかり出ていて、これからどうなるか楽しみです。タンニンの変化こそ赤ワインの奥深いところ。ブドウからずっとつながってくる。ワインが農産物である証。


鳥さんも大きくなりました。新入りですが紹介するのが面倒なので、皆さま是非ワインツーリズムに参加していらしてください。鳥担当は小山田です。自分は警備担当。ワイナリー説明は前回紹介した、ごとやんです。
それにしてもかわいいなあ。



2017年10月13日金曜日

あ、あっしでやんすか? 終わりでやんす。

こんにちわ。ポンコツです。

ポンさんと呼んでくださる方が少しずつ増えてうれしい。
さあ、自分の名前を忘れよう。社会的同一性をなくすのが自分の夢です。

とにかく今年はバタバタでして、写真を撮る余裕なぞ無し。で、気づけば10月で自分の大きな仕事は終わってしまいました。

あ、写真撮ってない。といつもの結末で。
そんな時に救いの神が。

ヤーマン登場です。ヤーマンとはだれか? それは言わない。
言ったら殺されるかもしれないから言いません。

ヤーマンの写真は結構いいな。


 今月初めに行った洗馬。最高にいい天気。白収穫の時に畑の様子を撮ってもらいました。


これは・・・なんだろうか。多分ガメイ。いや、フランか。いや、ガメイだろう。今月28日洗馬赤収穫でフィナーレを迎えます。楽しみやのう。


この人はヤーマンではありませんが、ヤーマンにいろいろ今年仕込まれたゴトヤンです。よく働くいい子です。思慮深いし。 おおっと、ほめ過ぎるのはどうか。

昨日までおやすみなさいの瓶詰やら稲刈やらで筋肉痛。しばらく雨ということもあり今日は午後休みを取って、ブログです。




ミーが甘えてきます。めずらしい。甘えるくせに手を触ると本気噛みする。なんで?

それではまた。皆さま風邪などひかぬよう。次回のタイトルは「文春砲」の予定です。


2017年9月13日水曜日

立ってるものはオヤマダでも使え

珍しく今月2回目の投稿。こんばんは。ポンコツです。

今日は記念すべき吉田さんの初仕込み。そして仕込み終わりでした。

打ち上げはありません。残念。


明野で自然農法による野菜作りをしている吉田裕一。今年からワインづくりにも参戦。
奥さんをこよなく愛し、家入レオも愛す。愛娘を毎日毎日目に入れては、痛くないよーと叫ぶ人であります。

彼の野菜はとても正直な味がする。これは自分の感想。

変なことが一つ。
小山田さんは完成されていて、結果ブドウもワインも完成されている。
ポンコツは人間がポンコツなわけで、結果、ブドウもワインもポンコツです。
吉田さんは偽善者と自称するが、野菜の味は正直なんだな。
これおかしくねえか?

当然彼のブドウはとてもよかった。悔しいけど腕の差です。

1つ目のヤマ場を越えましたが、台風も近づき2番目のヤマ場が近づいてきました。
立ってるものはオヤ、いやオヤマダでも使え、といいますが、2番目のヤマ場の主役は小山田さんなのでした。ぷぷぷっ。

さて、やりますか。
ずぶぬれでもやるさ。




2017年9月7日木曜日

悪い奴

怒涛の仕込みがひとしきり続き、息つく暇もなく怒涛のボランティア瓶詰が終わりました。

皆さまこんにちは、ポンコツです。


瞬く間にタンクが埋まっていきます。今年はデラウェア、巨峰ですでにタンクも樽も埋まりつつあります。泣きそうです。



一番発酵が盛んな時期のjalopy。今年も造りを変えました。楽しい。

今年はデラウェアに割れが発生し、手伝いに来てくださった皆様には大変な思いをされたと思います。おかげさまで無事に発酵がすすんでおります。
心より感謝申し上げます。ペコリ。

毎収穫、ペイザナメンバーはブドウの収穫に飽きてくるとお互いに、言葉の暴力の応酬を始めます。
悪い奴の集まり。腹黒い泥船メンバー。お見苦しいところを見せてしまったかもしれません。お詫び申し上げます。しかしそれでも、これは毎年続くイベントである、とここで申しあげておきます。保証付きです。(笑)
そして悪い奴らの乗った泥船はいつか沈むのです。

沈むとわかっていて乗る。
己に向かってザマアミロと嘲る。

今年も静かに、静かにワインはできていきます。





小山田氏のムールヴェードルとプティ・マンサン

収穫を待ちます。

9月に入りました。悲しみと怒りを背負ったまま自分は折り返します。

さんまたべたい。


2017年8月2日水曜日

病人とケガ人とポンコツしかいねえ。


尋常ではなかった今年の忙しさ。

自分の棚栽培の畑が2倍近くの面積になり、加えて慈善事業もするはめに。そのため毎日4時半から日暮れまで畑にでてました。

こんなポンコツに誰がした。

皆さま お久しぶりです。
ポンコツです。

萌芽 → 新梢誘引 → (房づくり)→ 傘かけ

書いてしまえばこれだけですが、今年はきつかったですね。ペイザナ代表小山田も今年はsそこそこきつかったようです。珍しい。

さて、まったく写真を撮れていなかったのですが、ようやっと最近は先が読めるようになってきました。ので、朝から田んぼだけ見て写真を撮り、ブログを書いているわけであります。ここ数日は草刈。それが終われば、田んぼの最後の草取りを行って仕込みに入っていきます。

デラウェアと巨峰は畑によっては着色が始まりました。今年は房づくりを失敗することもなく、収量もしっかりと見込めます。あはは。おやすみなさいは昨年の倍はできるかな。よかった。

説明大変だから写真をとにかく羅列。小山田さんのもごっちゃです。






上から小山田さんの山梨市ベーリーA、西山デラウェア、日向の混植





こちらは自分の。上から横落甲州、デラウェア、休息巨峰


あ、田んぼも。


今年は品種を変えてみました。「てんこもり」(笑)といいます。今のところ順調です。すくすくと。

心静かにワインを造りたい。そうおもう。ただただ自分の育てたブドウでワインを造り、毎日畑に出て、必要な野菜と米を育て、地に足をつけて一生を終えたい。それだけ。
しかし、ここにきて一つの矛盾を発見しました。エネルギーの拠り所に、とある感情があることに今更ながら気づいたのです。
それは以前勤めていた会社で働いていたときにも、重要な拠り所としてあったものでした。山梨にきて2年、それを忘れてワインを造っていたことに先日、ふと気づいたのです。

心静かでいたいのに、この感情がエネルギーになる。これらは一見すると相反するものです。

が、実はつながっている。

どういうことか。それを実証するのが今年です。

ここ数日Crystal Lake の Rollin’ と、BUMP OF CHICKENの GOがずっと頭の中で鳴っています。自分の中では完全に等価なこの2曲。

自分も病人でしょうか。むぐぐ。


ではでは。

2017年4月24日月曜日

ブログ typeポンコツ

春です。ポンコツなのであたふたしてます。今年から甲州やります。新しい畑。結構きちんと芽が出てる。いいかんじです。新しいワインの名前は秘密ですが、ひそかに拡散しています。




















もうすぐ2歳です。おばかっちょです。

ブログ typeオヤマダ ②


春です。芽吹きが始まりました。 忙しくなるのはもう少し先。 今年もBow!赤おいしくなるよう頑張っていきます。





新入りです。かわいくてしようがありません。